ブログ


わたしだけの ひみつの ばしょ  

   もう ずいぶんと つかっていない

 ふるい かいだんを そーっと のぼって


   ないしょ の とびらを ゆっくりあける



そこには たくさんの たからもの *




とおい むかしの いろんな ほん


おひめさま の おはなし

 ちいさな こびと の おはなし

ちょっと こわい おはなし

きらきら と たのしい おはなし




みたことない おばあちゃん の しゃしん に

わたしより ちいさな おんなのこ の しゃしん

げんきに ないてる おとこのこ の しゃしん

なんとなーく パパ と ママ に にてるけど  だれだろう ?



きらきら ボタン に

 きれいな ネックレス

     だれかが あつめて かくした

         たくさんの たからもの  


 ふるい さびた カギ は

     きっと ひみつの とびら を あけるカギ *






 

ある日 お子様が

ふとしたひょうしに やねうら部屋を見つけます。


そこにあったものは

ママ と パパ が 小さい頃に読んでいた 本 

たくさんの想い出がつまった アルバム

集めていたことも忘れてしまった ボタンやアクセサリー


魔法の本棚には たくさんのおとぎ話の本が

読んでいくうちに いつのまにか おとぎの国の主人公に、、、



お子様の目には 全部が たからもの

見たことのない 誰も知らない

「 わたし だけの かくれが 」




夢中で 本を 読む真剣なうつむき顔


いろんな 場所にちりばめられた 宝物を探す

キラキラと 輝いた瞳


見つけた時の うれしそうな顔


なかなか見つからない 困った顔も

違うかった~ の 照れ笑い も

怒った顔 も 泣き顔も


お子様が 自由に遊び

お子様自身が自然に出してくれる表情だから


「いつもの この顔だ~」

お母様とお父様がお写真を見て

そう おもわず呟いてしまうような、、、

そんな写真を残していただけます。




ゆっくりと本のページをめくる

魔法の本の 魔法の言葉をとなえて

長い髪を耳にかける

指をさしながら たからもの を さがして

これかな? あれかな?

高い場所に手を伸ばす


いろんな仕草 も 表情 も 「今しかない」 たからもの




不思議な魔法の世界で楽しむ

今しか会えない

今のお子様を ありのまま *









電車の場合
JR明石駅下車 徒歩3分
お車の場合
第2神明大蔵谷・伊川谷・玉津各ICから南へ10分
兵庫県明石市大明石町1丁目パピオス明石2F
 078(925)9100
fit
電車の場合
JR甲南山手駅から南へ徒歩5分
お車の場合
阪神深江インター降りて北へ5分
兵庫県神戸市東灘区本山中町1-11-6
 078(925)3192
fit